【不動産投資】今、ゲストハウスを建てるべき4つの理由

最近よく耳にする「ゲストハウス」は、自分の手持ちの資産に貢献するという点で、いくつかのメリットがあります。その一例としては、ゲストに安らぎの場を提供できる、不動産の価値を高めるなどが挙げられますが、実にたくさんのメリットがあるのは紛れもない事実です。この記事では、現在ゲストハウスを建設している人々にアンケートをとり、その理由を聞いてみました。では早速、みていきましょう!

  1. 不動産の価値を高めるから

ゲストハウスを建設する最も顕著なメリットのひとつは、「趣のあるコテージなど、補助的な住居を追加で建てることで、資産価値が向上するから」です。家賃収入で住宅ローンの一部をまかなうという方法は、多くの住宅購入希望者にとって魅力的なものです。しかし今日では、大家族でも住めるほど、複数の部屋がある物件への需要が非常に高くなっているそうです。というのも、近年では、多世代がひとつ屋根の下で暮らすことを選択する人が増えているため、ゲストハウスにもできるほど大きい家を所有していれば、売却の際にも、他と差をつけることができるでしょう。近い将来、家を売りに出す予定はありませんか?もしあるという方は、すぐに享受できるかもしれないメリットについてより詳しく知ることができるので、ぜひこのまま読み進めてください。

  1. 副収入を得られるチャンスがあるから

所有しているゲストハウスを貸しに出すことは、毎月の収入を補う上で優れた方法となります。物件の立地条件にもよりますが、長期の借り手を見つけることもできますし、短期のホリデーレンタルとして利用することもできます。短期レンタルと長期レンタルにはそれぞれメリットがありますが、どちらも年間100万円程度の副収入を得られる可能性があるでしょう。

  1. ステキな生活の場を提供できるから

ゲストハウスは、ゲストをもてなしたいけれどメインで住んでいる家に十分なスペースがない場合や、ゲストに自分たちならではの温かい方法でゲストを歓迎したい場合に適しています。ほとんどのゲストハウスでは、ベッドルームとバスルームが複数あるだけというがスタンダードですが、中には機能的なキッチンと独立したリビングエリアを備えているところもあります。ほかにも、ゲストの希望に沿った宿泊プランやパッケージを用意してくれるゲストハウスもあるそうです。設備が充実している・充実していないに関わらず、真心こもった形でゲストを迎えることは可能でしょう。

  1. 多世代で快適に暮らせるから

北米のカナダでは、複数の世代が一緒に暮らせる家に引っ越す人が増えているそうです。というのも、この高齢化社会において、経済的なメリットを享受できるからです。成長していく子どもたちの居場所を探している人はもちろん、年老いていく父と母のそばにいて付き添ってあげたいという人にとっても、ゲストハウスはベストな選択肢となりえます。多世代同居によってできるだけ節約をしたいからといって個人の空間を圧迫してしまうよりも、現在の住まい環境を邪魔することなく、家族みんながそれぞれ快適に過ごせるゲストハウスを建設するほうがよいでしょう。